バッテリー内蔵 LEDランプ

TOP > 商品案内 > 産業資材 > バッテリー内蔵 LEDランプ

概要

原子力発電所が災害時・停電時照明として相次いで採用した信頼の実績を持つ、世界初のバッテリー内蔵型LEDランプです。リン酸鉄リチウムイオンバッテリーを組み込み、通常時は一般的なLED照明として充電しながら点灯し、電源供給が遮断されると自動的にバッテリーによる非常点灯に切り替わります。灯具から取り外すと手持ちの避難誘導等としても使え、内蔵バッテリーにより約2~3時間連続点灯が可能です。
 

RPV18 バッテリーチェック

       RPV18                                    充電中は赤、満充電時は緑

特徴

灯具から取り外しても、内蔵バッテリーで約2~3時間点灯
標準タイプは、JIS C8105-1のG13口金のランプ重量制限500gを遵守
消灯中は待機モードが働き、停電を感知すると自動的に非常点灯
バッテリー非常点灯時間等の変更も可能(例:約5時間に延長)

仕様

  ≪標準タイプ≫ 型式:RPV18

  • 入力電圧・・・AC100-240V
  • 消費電力・・・18W
  • 電源・・・内蔵
  • 全光束・・・2300lm±10%
  • バッテリー点灯時間・・・約2~3時間
  • バッテリー点灯光束・・・250lm±10%
  • 重量・・・約488g±2%以下
  • 寸法・・・φ30×1198㎜
  • チップ寿命・・・約40000時間
  • 色温度・・・5700K
  • 使用環境温度・・・-10~40℃
  • バッテリー交換・・・交換治具付き
  • 照射角度・・・160°
  • 保護レベル・・・IP20
  • バッテリー・・・リン酸鉄リチウムイオンバッテリー
  • バッテリー安全機能・・・過充電保護回路、過放電保護回路、バランス保護回路
  • 特徴・・・非常灯評価基準準拠、バッテリー交換機能、休眠モード、停電感知待機モード
※バッテリー点灯時間の延長、照度変更等はOEMオプションとして対応可能です。

用途

  • 災害時・停電時の作業・誘導照明として原子力発電所、公共施設、公共交通機関、宿泊施設、教育施設、医療福祉関連施設、工場、事務所、マンション・アパートの階段・共用通路など幅広く使えます。

  • お問い合わせは、下記よりご連絡ください。
  • TEL:03-3433-4761
  • 受付時間:9:00~17:00(土日祝日除く)
  • お問い合わせ